サモナーさんはギルドに入ってもボッチでした

Wed, 07 Sep 2016 10:10:45 JST (203d)

あらすじ Edit

私はぼっちです。
他人の感情という予測しにくいものが原因で、人と一緒に過ごすことが不得意です。

 

そんな私は野良のパーティーならともかく、いつものメンバーでしかパーティーを組むことが出来ません。【完結】

 
+  続きはこちら

ゲームの難易度から野良のパーティーは勝率が非常に低く効率が悪いです。
いつものメンバーで戦闘に関して綿密に打ち合わせをすることが出来れば勝率は高く安定するのですが、そんなないものねだりをしてもしょうがありません。

 

私は今回始めるゲームで追加される職業「サモナー」を選び、サモンモンスターをいつものメンバーに、いつでも安定した勝率を稼ぐことを目指します。

 

しかし、サモナーさんにはデメリットが山のようにあり、その道は大変困難です……。

 

ある日生産ギルドに誘われ加入しました。

 

人間そう簡単には性質は変わらないです。何度も話しかけてもらいつつも、私は1人で過ごす時間が多くぼっちを脱却することが出来ていません。
それと私は好きでぼっちをやっているわけではありません。

 

出来ることならぼっちを抜け出したいんです。

 

ギルドに起きるトラブルに積極的に解決に乗り出すことで、私はギルドにおける私の居場所を確保し、ひいてはぼっちからの脱却を目指すのです。

主な登場人物 Edit

白戌巡(しろいぬ めぐる)、アバター名テン子
34歳男性、薬局薬剤師、独身
中身は人付き合いが不得意で不安症を持つものの、傍目にはいつも幸せそうな感じで微笑んで優しく応対する気さくな人。

+  続きはこちら

掃除が好きで毎朝1番に来ては掃除をしている(後述するが親しい同僚が居ないため、自分が会社にいて助かったというメリットを作りリストラをされないようにしているつもり)。
しかし、ある一定以上先からはどこか近寄り難い雰囲気を持つ。同僚達には嫌われてはいないが親しい関係の人もいない。
住んでいる世界が違う人。高校時代についていたあだ名は「めぐるん」だったりする。高校時代でもボッチである。根暗ではない、異次元直行の天然という意味で存在が異質で周知されていた。

 

身長169㎝、体重55㎏。髪の毛のケア(髪は長いお友達。ハゲになりたくないため若い頃からのケアが重要。)やムダ毛処理(毛深いのは苦手で、腋臭など悪臭の発生を防ぐため。)などしているため外見は幼い印象が強い。
ヒゲを抜いているためあごが白かったり、日中屋内で過ごすため肌が白かったり、仕事が定時に終わるため疲れがあまりなかったり、見た目も清潔でなければいけない職業なので健康に気を使っていたり、丁寧に扱わなければいけない品物が多い職場なので動きが丁寧だったり……など中性的になってしまう。
自分の声が高めであまり好きではない。滑舌の練習のため録音して聞いて以来拍車がかかっている。現実ではお客様との応対のためなどで発声しているがゲームではしていない。
雑談を求めてゲームを始めたのだが、動機はこの作品が始まる前の時別のゲームをしている際マジメ過ぎて恐いなどと掲示板で叩かれて心が折れそのゲームを止めている。
その条件でいかに効率よく動けるようになるかばかり考えていて、まとっている空気がガチ勢だったことが原因。なお本人としてはネタに対してガチである程度のつもりだった。
本編のゲームではソロ職と見られるサモナーになる。プレイヤーとのパーティーは心が折れたのだ。

 

テン子
本編の主人公、巡のアバター。
黒いテンの獣人、幼女。身長120㎝弱。細身。
丸い耳と先太りした尻尾、大きな丸い目が特徴的。
腕と足は薄い毛に覆われまるで黒い手袋や黒いニーソを着けているかのよう。
爪は細く鋭く少し長い。若干スマホを打つのが難しい。

+  続きはこちら

巡にとってゲームのアバターは自分の子供という感覚であり、現実の自分の女気のなさでたまにゲイ?などと疑われるため私は女が好きなんだ!という思いを込め、女のアバターを選ぶ。
作製時に考えていたゲームでの戦闘スタイルは、現実でもあまり運動をしたりしていないので的確に動き回れるとは考えず、サモンモンスターを補助することに専念。
サモナーという職業のためステータスの補正が低いだろうと思い攻撃よりもステータスの影響が少ないデバフ(妨害、敵ステータスを低下する)使いを目指す。
動きが遅くても躱せるようにと小さい子供を選択し、デバフの中でも幻影などを扱う幻術スキルを十全に使えるようにするためテンの獣人を選ぶ。
なお、名前はテンの獣人だからテン子である。
幼女が自分の声で話すことが非常に嫌なため、会話手段はチャットのみ。

 

フォロ
赤い狼の獣人の女性。
身長165㎝弱。細身で先の尖った耳やほっそりした尻尾が特徴的。
獣人種特有の手袋やニーソ……もとい手先や足先の薄い赤い毛が情熱的で色っぽい。
RSOシリーズ上最大の影響力を持つ。

+  続きはこちら

テン子は「ボス」と呼ぶが、他の人はたいてい「フォロさん」「ギルマス」など呼ぶ。
若い女性の声で話し、活発な行動、その明るさで親しまれるプレイヤー。
テン子が所属することになる生産ギルドを創る。
その他、闘技場では2位の実力者だったり、広告収入を稼いでいたりと幅広い活動をしている。
内容のネタバレにつながりかねないのであまり語ることが出来ない人物。

 

沼木美香
主人公巡の職場の同僚。
職場に2番目に来る人。1番目は朝掃除しに来る主人公(行くのが早すぎる)。
3番目以降は始業前30分くらいに来るので主人公と2人きりになる時間が割と多い(ただし2人とも仕事の準備をしているためあまり話さない)。
時折主人公の掃除を手伝うため、同僚の中では主人公と親しい方。
あまり本編には登場しないが主要人物である。

 

その他、キャラクターガイド(登場順)



生産ギルド【けもけも】
ギルドメンバー





その他ギルド
ーーー
マイケル・オストログ
解体ギルド【ジャック・ザ・リッパー】のギルドマスター
赤髪黒瞳の強面の白人傭兵という風貌の男性プレイヤー。身長190㎝強。
太くずっしりとした声で威圧感が凄まじい。
本編での関わりは薄い。
別編では大分活躍することになる。
フォロとは長い付き合い。
名前の由来は切り裂きジャックの容疑者。

 

ケビン
料理人ギルド【フードファイターズ】のギルマス兼総料理長。
緑髪緑瞳エルフ。身長180㎝弱。
言葉の裏に隠しきれない黒さがあるプレイヤー。
なおサドだが悪い人ではない。面倒見はよく分からないことは教えてくれる人。
ただし本編での関わりは薄い。
マイケル同様フォロさんとは付き合いが長い。

 

ブルーマン
青髪青瞳の白人系男性プレイヤー。
人付き合いが苦手そうで押しに弱い人物。
初めてテン子が料理を売りつけた人。
何かと厄介事に巻き込まれがち。
本編での関わりは薄いがたまに重要な役割を果たすことも……。

設定 Edit

R(リアル)S(スペック)O(オンライン)、VRMMORPG。
現実規格と揶揄される程の作り込み。
その実、寝たきりの患者のための、日常生活ゲーム。
中ではNPCはともかく、モンスターの行動や物の反応などをほぼ現実と同じように作っている。
患者だけでは鬱になりかねないため、一般プレイヤーも受け入れている。
爽快感よりも工夫によって楽しむことが目的のため、ゲームとしては難易度は高い。

 

解体
生産スキルを持たない場合解体は自動で行われランダムでアイテムが入手出来る。
入手出来るアイテム数が0のこともさして珍しいこともない。
後述する手動の解体と違いアイテムを入手することにかけられる時間は0に近い。
手動と違い確率はとても低いが武器や装備などが入手出来ることもある。

 

生産スキルを持っている場合自動か手動かを選択出来る。
手動の場合、実際に解剖を行い皮や内臓の処理をしなければいけないため非常に時間がかかるものの、様々なアイテムを確実に入手出来る。
特定のアイテムだけを採って他は解体しないという方法であれば短時間でそこそこの数を集めることも可能。
手動の解体を選択した場合、モンスターなどをそのままインベントリに入れることが出来る。
ただし手動を1度選択すると自動は選択出来なくなるため注意。
手動解体は人に委託することも可能。

作者名 Edit

甲戌(きのえいぬ)

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル VRゲーム〔SF〕
キーワード 残酷な描写あり 日常 私小説 冒険 システム重視 中堅プレイヤー? 雑談コミュ障 VRMMO エグイ戦闘 後衛サモナー ぼっち 料理と生産 アバターは幼女 リアルは社会人

この作品のここがオススメ! Edit

リンク Edit

小説家になろう

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White