人外ロリババアと穏やかに過ごす終末の日々 或いは人の時間、化生の時間

Tue, 06 Sep 2016 10:19:08 JST (438d)

あらすじ Edit

作品名は「人の時間、化生の時間」に変更されています。


 人が化生に恋をした。化生は恋を受け入れた。化生にとっては余命の百年、人にとっては永き百年。緩やかに生き、いずれ来る別れの日。身を寄せ合って静かにその日を待つ、人の子と化生の交わり。
 穏やかなる日々が彼らを優しく包む。【完結】

主な登場人物 Edit

 
●人の子
 化生を愛して共に生き、死ぬと決めた男。化生を祀る旧い家の一員だったが、彼が化生と結んだ事によって一族は崩壊している。化生と二人、静かな生活を送っている。

●化生
 一見して少女のようであるが、幾千幾万の時を生きた人外の化生。その命脈も最早尽きんとしていた所で人の子と出会う。彼の妻として傍らに侍り、肩を寄せ合ってひっそりと暮らしている。

設定 Edit

 ロー・ファンタジー(現代モノ+妖怪、精霊等)。バトル要素無し。粛々と生活を送る人の子と化生の子、そして彼らの周りにいる妖かし達の話。

作者名 Edit

勤臣蛆虫(イソシノオミウジムシ)

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
キーワード R15 残酷な描写あり 異類婚姻譚 年の差 悲恋 伝奇 現代(モダン) 恋愛 文学 死生観 ロリババア ほのぼの シリアス 和風 家族 人外 自然崇拝

この作品のここがオススメ! Edit

 所謂戦闘描写というものの出てこない作品。日常のちょっとした愛らしさ、心の機微、そういったものに焦点を当てています。

リンク Edit

小説家になろう

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White