特攻装警グラウザー

Thu, 15 Sep 2016 15:22:20 JST (188d)


あらすじ―Introduction―― Edit

■Introduction


 21世紀初頭の日本――、社会や経済の大規模なロボット化アンドロイド化を果たしたことで、長年続いた不況からの脱却と経済発展に成功していた。だれもが子供の頃に夢見ていた未来都市を現実のものにした新生日本は、国際規模の好景気を迎え第2の繁栄の時を迎えていた。


 しかし、新たな経済の発展と国際化社会は、海外から招かざる犯罪勢力の大量流入を招いていた。
 さらに、経済発展の切り札として社会に大量導入されたロボットやアンドロイドは、犯罪の機械化を促進する事となり、さらには犯罪勢力の地下社会には、非合法に持ち込まれたハイテクノロジーが氾濫しつつあった。


 日本政府と日本警察は、より重武装な武装警官部隊を結成し治安回復を試みる。だが、犯罪勢力の勢いは止まることをしらず、ヤクザ勢力のステルス化、サイボーグ犯罪者の出現、違法ハイテクの蔓延などにより、警察組織の人的被害は無視できないものとなっていく。


 この問題に対する最終解決手段として、日本警察は『警察組織へのアンドロイドの導入』と言う世界初の決断をする。それはすなわち『人間が人間以外の存在に治安維持を委ねる』と言うことに他ならなかった。
 この国の未来を委ねられたのは6体のアンドロイド警官――
 正式名称『特別攻撃任務対応型装甲警官』
 通称――特攻装警――


 おりしも、日本は大規模な巨大経済計画『東京アトランティスプロジェクト』の展開中であり、そのシンボルとなる有明1000mビルにて、世界各国から著名な科学者や文化人を招き国際サミット会議が行われていた。
 その天空へとそびえ立つ空中楼閣を舞台に6体のアンドロイドたちの戦いが始まろうとしていた。
 この国はいまや、正義の守り手すらも機械に委ねようとしていた。

主な登場人物 Edit

[リスト未完成]

  1. 特攻装警[アンドロイド警官]
  1. 第1号機:アトラス
  2. 第2号機:登録抹消
  3. 第3号機:センチュリー
  4. 第4号機:ディアリオ
  5. 第5号機:エリオット
  6. 第6号機:フィール
  7. 第7号機:グラウザー
  1. 警察関係者
  2. 第2科学警察研究所関係者
  3. 武装警官部隊『盤古』

設定 Edit

ー作成中ー

作者名 Edit

美風慶伍

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル アクション〔文芸〕
キーワード 残酷な描写あり ヒーロー 近未来 人工知能 電脳世界 サイバーパンク ディストピア SF アンドロイド 主人公最強 未来 特撮 ロボット バトル

この作品のここがオススメ! Edit

ー作成中ー

リンク Edit

特攻装警グラウザー・本編目次ページへ

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

総アクセス:338 現アクセス数:3
本日:1 昨日:0