異世界駅舎の喫茶店

Tue, 21 Feb 2017 14:49:06 JST (300d)

作品紹介 Edit

《第4回ネット小説大賞受賞 & コミカライズまもなくスタート!》

近代ファンタジー&グルメ作品。
蒸気機関車の汽笛が鳴り響く駅舎を舞台に、とある事情で異世界に転移し“駅長代理兼マスター”として働くタクミと連れ合いのニャーチ、そして駅舎や喫茶店を訪れる人々との交流を描く。
 
※更新は毎月“8の付く日(8日/18日/28日)”22時頃を予定しています。
※1話を2~3パートにわけて、数回にわたり更新する場合もございます。
 
最新話『二人のエキスパートと食卓の意味』 12/8~更新
番外編『Coffee Break ~ オジサンたちの昼下がり』 10/8更新
特別編『Special Blend ~ ごしゅじんとはじめての朝ごはん』 9/8~10更新
 

書籍化&コミカライズ情報 Edit

◆書籍版『異世界駅舎の喫茶店』 宝島社単行本として絶賛発売中!

異世界駅舎の喫茶店

amazonで情報を見る / e-honで情報を見る
 
コミカライズ版 12/22いよいよ始動!! なんとWeb連載×2+月刊誌の『トリプル連載』!!
 
Comic Walker(コミックウォーカー)
毎月1回19日頃に更新(第一話は12月22日(木)から配信予定)
 
ニコニコ静画「異世界コミック」特設ページ
毎月1回第4木曜日に更新(第一話は12月29日(木)より配信予定)
 
月刊コミックフラッパー
2017年2月号(1/5発売)より3号連続出張掲載!
 

レビュー・紹介記事 Edit

ご紹介いただきましてありがとうございます。

あらすじ Edit

とある世界のとある街にある一軒の駅舎。
街と街とを結ぶ長距離列車のターミナルであるこの駅には、一日数回、蒸気機関車の汽笛の音が鳴り響く。
最近では列車を利用するお客様も徐々に増え、街の中心部からはやや離れた場所にあるこの駅舎にも様々なの想いを抱えたお客様が日々訪れていた。

この駅舎を訪れる人々の憩いの場となっているのが喫茶店『ツバメ』。
この駅に住み込みで働く“駅長代理”のタクミが、連れ合いのニャーチとともに始めたものだ。
営業時間は朝と昼の2部制。朝は定番のモーニング、昼は3種類のランチセットが看板メニュー。
ドリンクはぜひ当店特製シナモン・コーヒーをお試しあれ。

今日も日が昇り暖かな日差しに包まれる頃、駅舎と喫茶店の普段通りの一日が幕を開ける――。

主な登場人物 Edit

 
◇駅舎の人々
 
■タクミ/黒金 匠《くろがねたくみ》(男性/人間/青年)
 ハーパータウン駅の駅長代理 兼 喫茶店『ツバメ』のマスター兼料理長。
 夫婦二人での旅行の帰り、電車の中でぐっすり眠っていたはずがなぜか異世界に飛ばされる。
 そこで知り合った“駅長”の計らいにより、ハーパータウン駅でとして住み込みで働くことになる。
 その後、駅舎内にて喫茶店『ツバメ』を開業。駅を利用されるお客様の憩いの場となるよう日々奮闘中。
 
■ニャーチ/黒金 柚《くろがねゆう》(女性/亜人ネコ目/ねこむすめ)
 ハーパータウン駅の清掃係 兼 喫茶店『ツバメ』の看板娘。
 夫婦二人旅の帰り、電車の中でぐっすり眠っていたはずがなぜか異世界に飛ばされる。
 その際、ネコ耳が生えた亜人へと転生し、精神年齢も下がる(ネコ化の可能性あり)。しっぽは生えていない。
 過去の記憶はぼんやりとしか記憶しておらず、自分が“黒金柚”であったことの認識は薄い。
 タクミのことは“ごしゅじん”と認識している。
 料理は不得手だが、実はタクミより味覚と嗅覚が鋭い。隙あらば寝ようとする自由人。早起きは苦手。
 
■“駅長”(男性/推定人間/老紳士)
 ハーパータウン駅の駅長。氏名、年齢、正体は全部不詳。“こちらの世界”に迷い込んだタクミとユウ(ニャーチ)の第一発見者であり、世話役。
 現在は、不定期にハーパータウン駅を訪れ、タクミの仕事のサポートを行う
がやりたいことをサポートしている。各地の有力者とも相当のコネクションがある模様。
 きれいな白髪に、白い口髭がトレードマーク。誰にでも穏やかな笑顔を浮かべているが、時折鋭い視線を飛ばすことも。実は隠れマッチョでもある。
 
■テオ(男性/人間/若者)
“駅長”の指示によって、ハーパータウン駅に赴任してきた新米駅員。
一応エリートコースには載っている模様。当初は最初は駅務にやる気を見せていなかったが、徐々に改善。うっかりが多いのは天然の疑いあり。
 
 
◇駅舎の青春組
 
■ロランド・アルバレス(少年/亜人ウサギ目)
喫茶店『ツバメ』の調理アシスタントの少年。ハーパータウンのポートサイド出身。
喫茶店『ツバメ』で食べさせてもらったランチの味に衝撃を受け、その場でタクミに弟子入りを懇願。その熱意をタクミに認められ厨房スタッフとして採用される。
ツンツンの銀髪からウサギ耳がぴょこんと飛び出ている。
年齢の割に身長が高く、スマートとしている。体力には少々自信あり。 
 
■フィデル(少年/亜人キツネ目)
新聞売りの少年。ロランドとは同世代。ハーパータウンのポートサイド出身。
喫茶店『ツバメ』からサンドイッチ等を仕入れて露店販売。 ロランドとは永遠のライバルだが、彼より背が低いのが目下の悩み。
 
■ルナ(少女/人間)
いろいろあってタクミやニャーチとともにハーパータウンに居候することになった少女。
現在は私学校に通学中。喫茶店『ツバメ』の仕事のお手伝いも積極的に行っている。
最近は料理にも興味を覚えた模様。
 
◇常連客の皆様
 
■サバス・シルバ(男性/人間/壮年)
 ハーパータウンの港地区にある交易商シルバ商会の経営幹部。敏腕バイヤーとして各地を飛び回り、販売と経営管理を担当する長兄を支える。喫茶店『ツバメ』の常連。
 
■ソフィア・マリメイド(女性/人間/青年)
 財閥家の一つであるマリメイド家の一人娘。新進気鋭の女性銀行家として活躍中。
 “氷のソフィア”と恐れられるほど厳しい査定で有名だが、見込みのある先へは大胆に出資することもある。その目利き力は非常に高く評価されている。
 モデルを思わせるようなスタイルで、腰まで届くほど長く漆黒のストレートの髪をいつもたなびかせている。
 
■イメルダ・マリメイド(女性/人間/老年)
 ソフィアの祖母であり、マリメイド家の前女主人。
 かつてはマリメイド家興隆の祖である祖父とともに、“マリメイド家にイメルダあり”と言わしめたほどの人物。
 ウェーブのかかった銀髪から覗かせる鋭い眼光とニヒルな笑顔がトレードマーク。 
 
■リベルト・デ・ラウレンティス(男性/人間/青年)
 クレイグ国に着任したテネシー共和国特命全権大使であり、元公爵家の名門ラウレンティス家の三男。
 眉目秀麗な容姿と卓越した実力は多くの女性の憧れの的であり、本国でも一目置かれた存在である。最近は時折ハーパータウンに姿を見せている模様。
 
◇『ツバメ』を支える人々
 
■ガルド・イバルロンド(男性/人間/壮年)
 ハーパータウンに住む農場主。主に畜産と耕作を生業とする。筋骨隆々。
 毎朝『ツバメ』に新鮮な農産物・畜産物を供給。最近はチーズ作りにもはまっているとか。
 
■グスタフ・アルフォンソ(男性/亜人クマ目/壮年)
 ハーパータウン機械工ギルドのギルド長。小柄でがっしりとした体格で、口元には髭をたっぷり蓄えている。熊耳。
 喫茶店『ツバメ』に各種設備やキッチン用品を供給。また、ギルド長としての人脈を生かし必要な備品類の手配も行う。

設定 Edit

■“こちらの世界”
 タクミとユウ(ニャーチ)が飛ばされてきた世界。 いわゆる並行世界の一つであり、現実世界とは気候や文明の発展が異なる。現実世界で比較するのであれば、産業革命後期となる19世紀中盤(1850年前後)に相当。蒸気機関は実用化されており、石炭がエネルギーの主力になろうとしている。水道は概ね整備されている。
 建物は石造り、レンガ造り、木造建築等が中心であり、鉄骨造は登場していない。ただ、一部に鉄橋が登場し始めている。鉄道の交通網は未だ発展途上だが、都市内等の近距離では乗合馬車や馬車鉄道が主流だが、都市間を結ぶ長距離路線では蒸気機関車が利用されている。今でも大量の貨物輸送は海運が主力であり、港町はどこも非常に栄えている。
 
■“こちらの世界”の食
ハーパータウン近郊ではトウモロコシ粉を練って焼いたパンやトルティーヤ的なものが主食のほか、米(アロース)も一部では食べられている。米はインディカ米(長粒種)の系統。
一方、ハーパータウン近郊では“小麦(小麦粉)”がほとんど入手不可能。ごくわずかの輸入品はあるものの、非常に高価であり、常食は不可。
野菜、魚、肉は概ね現代社会の西洋文化で主に食べられているものであれば概ね手に入る。ハーブ・スパイス類も比較的入手しやすい。醤油や味噌といった『麹を使った食品』は入手困難。スペイン~イタリア料理とアメリカ南部~メキシコ料理が融合したような食文化が形成されている。

 
■“こちらの世界”の住人
“こちらの世界”では、人間だけではなく、獣耳や角が生えた亜人も普通に生活。亜人だからと言って差別されることはなく、日常生活に溶け込んでいる。亜人と元になる動物との能力は多少の関係性は見られるが「人間と比較してやや強い」程度のものである。(例:イヌ目は嗅覚がちょっとだけ良いが、匂いで足跡を辿れるほどではない。クマ目は標準的に多少力持ちだが、しっかり鍛えている人間の方が力があることはザラ。)
 
■ハーパータウン
”こちらの世界”で商業を中心に発展してきた自治都市のひとつ。産業革命に伴い、工業化が急速に進行。歴史的には中央部のセントラル・ストリートと、港と市場のあるポートサイドの2か所が栄えている。長距離列車のターミナルであるハーパータウン駅は2つの街区の中間に位置する。2つの街区とハーパータウン駅の間は馬車鉄道が敷設。

作者名 Edit

Swind

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル ファンタジー
キーワード ファンタジー 異世界 鉄道 駅舎 料理 グルメ 喫茶店 食堂 ほのぼの アットホーム トリップ 転生 知識チート 短編連作

この作品のここがオススメ! Edit

異世界、食、そして人々の交流を描いた作品です。
一話完結型(たまに前後編あり)の短編連作形式の中で、話数の区切りごとに大きな流れを作っていければと思っています。
 
ネット小説大賞(第4回なろうコン)最終選考通過しました! 宝島社より書籍化予定です!

小説家になろう公式ラジオ 朗読候補作に選ばれました!
第3回オーバーラップWeb小説大賞一次選考通過しました!

小説家になろうランキング最高位(総合)日間21位/週間35位/月間148位
 

リンク Edit

小説家になろうの該当作品に飛ぶ
この作品を評価する
この作品にレビューを書く
この作品に感想を書く

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White