神卵 ― 神様転生のはじまり ―

Wed, 07 Sep 2016 14:34:54 JST (438d)

あらすじ Edit

遠い未来の時代。宇宙では恒久的宇宙施設が建設ラッシュ。その建築作業員で変人と名高いシリウス人のシュランはあろうことか、『タマゴ』に恋をした。
もちろん仲間達は超ロリコン! 食い気と恋を勘違いしているだけと馬鹿騒ぎ。
そんなとき『タマゴ』を狙う謎の影男が出現し、シュランは仲間共々、殺されてしまう。
シュランが目覚めると……
「俺の身長――六千キロ?」
そのうえ、耐火能力六十万度に、光の速さで飛行できる超絶な体を手に入れていた!
シュランは『神様転生』していたのだ。

主な登場人物 Edit

■シュラン・エアス・アクウィラ
褐色の肌をした大男。泣きぼくろが無駄にいろっぽい。コロニー建築作業員。シリウス人と地球人のハーフ。シリウス人は第六感を司る主眼角があり、シュランも同様。シュランの主眼角は一般的なシリウス人と違い、日頃から変な毒電波を捉えていたようだ。タマゴに恋した変人。

 

■ミャウ・ヤオ・セン・ヨーム・スア
スピカ星族の超美人。電子工事主任。姉御肌のお世話好き。やや憎まれ口を叩くも、仕方がないね~ぇと巻き舌で面倒を見てしまう。その性分のため何かと問題を起こすシュランと仲がよくなっていった。スピカ星族の伝統の「畑にミステリーサークルを描く」をこよなく愛する。古代火星人マニア。ミャオの名前はスピカ星族の精霊崇拝に影響を受けて、部族や森の精霊の名前などが入っていて長い。

 

■ゲオルグ・ザクセン
この時代では珍しい生粋の地球人。コロニー建設の工事長。豪快にて、面倒見もいいので部下からの信頼も厚かった。チャームポイントは鼻髭。その性格がシュランと特にあったようだ。

 

■マーシャ・アエネアス
地球人とユプシロン星人のクォーター。謎のエネルギー体である「タマゴ」を研究する目的で派遣された科学調査団の研究員。額には莫大な記憶を溜め込める生体紅石がある。石英ガラス製の情報媒体は保存寿命が約三億年だが、この生体紅石は約十億年の保存寿命がある。ユプシロン星人はこの紅石の内容を複写したり、保存して発展してきた。

 

■ルオン
双角を生やした見た目、16,17歳ぐらいの少女。他者に生命を与える力を得意とする。大地母神や森の神系に属する神体。シュキナーという俗称で呼ばれることがある。

 

■ユミル
シュラン達が住んでいた世界を創造した神。下位世界に降臨するときは、片目を失った青の魔法使いの姿をとる。嫁が女神アウズちゃん。シュラン達を保護してくれた。

 

■アンリ
神のタマゴであるルオンノタルを狙う悪神達の主格意識。複合精神体。古き神々ユミル達の計画を阻止し、バベルを建てることを目的とする。

設定 Edit

『』

作者名 Edit

万代 やお(マンダイ ヤオ)

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
キーワード R15 残酷な描写あり ファンタジー SF 神話 シリアス コメディ 宇宙 バトル モンスター 怪物 チート えっち 異世界

この作品のここがオススメ! Edit

冒頭がSF世界なので若干読みにくい。しかしそれを超えると、話の規模が大きくなり、今まで読んだことのない世界観になる。

リンク Edit

小説家になろう

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White