見えない胎児

Tue, 06 Sep 2016 16:41:04 JST (437d)

あらすじ Edit

溢れんばかりに、光に満ちた世界。
生まれたばかりの胎児も、こんな感覚なのだろうか。
昔から世界を照らす輝きだけは変わらない。
今日も僕は、出会って最初に言うべき言葉を持て余している。

+  作者からのひとこと

この作品は前作達と設定的な繋がりはありますが、この作品単体でも内容は十分に理解できるものとなっています。一部、生々しい表現等を含みますので苦手な方は十分ご注意ください。空いた時間にでも読んでいただければ幸いです。

主な登場人物 Edit

●「僕」

・東京のとある高校に通う、三年生。自分の名前が好きではない。蒸発した父親の他に母親、兄を持つ。犬を飼っている。

●「彼」

・数少ない「僕」の友達。野球部に所属している。面倒臭がり屋だが努力家。歳の離れた兄と姉がいる。

●「彼女」

・進入禁止となっている東京タワー周辺地区で出会った、同年代の少女。彼女の中でいずれ来るとされる「お迎え」に備え、頻繁にタワー周辺に足を運ぶようになる。

●おじいさん

・「ドーム事件」が起きた直後に、東京タワー周辺地域のある場所に地蔵を置いた人物。漆塗りの朱い杖を持っている。

●地蔵さん

・タワー周辺の土地に置いてある、地蔵。「僕」の目印であると同時に、夢の中で対話する人物の一人として現れる。

設定 Edit

少しだけ異常が混入した、現代の世界。

作者名 Edit

四面楚歌

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル 空想科学〔SF〕
キーワード 残酷な描写あり R18 夢 狂気 絶望 鬱 虚構 妄想 心 現代(モダン) シリアス 電波 心の闇

この作品のここがオススメ! Edit

現実、虚構、妄言、世界、個人、始まり、終焉、光……少年の世界に混ざり続けるそれら全てを、日常は受け入れる。
まるで母のように。胎児は母の中へ、還る。どこか浮ついた世界感と何が正しいか分からない、そんなものを好む人に勧められます。そうでない人も、一度は是非。

リンク Edit

小説家になろう

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White