銀河連邦特務第一小隊

Wed, 07 Sep 2016 11:53:36 JST (437d)

あらすじ Edit

人類が宇宙に進出して幾星霜。
宇宙人が珍しくない時代において、太陽系第三惑星を発祥とする『銀河連邦政府』は絶大な権力を握っていた。

 

なかでも、辺境宙域のいち田舎軍人から銀河連邦軍大将にまで上り詰めた男の陰謀は、多くの怒りと憎しみを巻き起こし、やがて修羅の刃を生み落していく――。

 

これは血みどろの因果を断たんとする、青年軍人たちの物語。

 

主な登場人物 Edit

●アレン・ガード(主人公)
 19歳、銀河連邦軍少尉。実父の英才教育によりあらゆる戦闘術に精通し、最強と名高い特務部隊に最年少入した精鋭兵。
 父が望むとおりの才能を持ち合わせるも情け深く、昇進のためには手段を選ばない父に嫌気がさして、ガード家を出た。現在は前線宙域ラグズ第四基地に所属している。

 

●セイル・ガード(準主人公)
 17歳。ガード家次期当主。
 先妻没後、現当主ジェフと後妻との間にできた子どもであり、アレンとは腹違いの兄弟。
 父親の正義を信じ、軍人として尊敬しているため、家出後も父になにかと目にかけられている兄を心よく思っていない。
 しかし、ガード家の刺客として動く兄を目の当たりにしたとき、この無垢な少年は、父親の鬼の所業を知っていくこととなる。

 

●アルフ・アトロシャス(主人公相棒)
 ジェフ・ガードが銀河連邦軍大将となるために踏み台にした元軍人たちをそそのかし、反乱を起こさせようと裏で糸引くと噂されるアトロシャス家の、養子。
 アレンと同じ軍事基地にいる同僚であり、基本的にアトロシャス家への関心は薄い。一方で、死闘でなければおのれの存在価値を見出せず、敵たりうる相手を確実に再起不能にする冷酷さを持つ。
 立身出世を目的とせず、ひたすら自己研鑽にベクトルが向いている異色の存在。

設定 Edit

23の宙域に区分けされた銀河系で、人類はヒューマン以外のさまざまな知的生命体とともに共存したり、支配したりされたり、対立し合ったりしている。

作者名 Edit

東雲小實都(シノノメオミト)

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル 宇宙〔SF〕
キーワード R15 残酷な描写あり スペースオペラ SFバトル 剣術/刀 軍隊 復讐 悲劇 爆弾/テロ

この作品のここがオススメ! Edit

組織によって一方的に反逆者の烙印を押された元銀河連邦軍人たちとの、信念のぶつけ合い

リンク Edit

小説家になろう

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White