電脳戦姫ZERO

Wed, 07 Sep 2016 11:45:46 JST (436d)

キャッチ Edit

人類が空を失ってから約半世紀。

 

「僕は、人類が終焉(おわ)る方に賭ける」

 

密やかに始まったゲームに
否応無しに巻き込まれていく二人のゼロ――アキとミキ。

 

生き残るのは人類か、それとも――。

あらすじ Edit

sakisaka3.jpg

 西暦二〇三八年――

 

 人類は、人類の庇護と恒久の平和を、自らの作り出した抑止兵器群『福音の徒』に託した。

 

 『福音の徒』の力によって、人類はその歴史上初めての、真の世界平和を手に入れる。

 

 しかし、その平和の享受は、僅かに数ヶ月の期間で終わってしまう。『福音の徒』――ゴスペルリーダーと呼ばれるその人型の兵器群が、突如として人類に牙を剥いたからだ。

 

 その結果、人類は地上から放逐され、その災禍を逃れた人々は、やっとの思いで生成した地下都市にて細々と生き延びていくことになる。だがしかし『福音の徒』たちの目的は不明ながらも、人類は確実に滅亡へと近付いていた。

 
 

 時は過ぎて西暦二〇八三年、新たなる脅威が人類を襲う。

 

 『バフォメット』と名乗ったその存在は、人類の有するネットの内に出現するや否や、数多くの地下都市を壊滅させ、多くの人々が『福音の徒』に飲み込まれた。

 

 それと時を同じくして、電脳技術者・朝倉直義は、興味本位で最強最大の論理ネットワーク『グラディウス・リング』のメインフレームに接触し、その中で『長谷岡』と名乗る存在に遭遇する。その対話の中で、長谷岡は朝倉に、人類の終焉を賭けた博打を提案した。

 

 朝倉はその賭けに勝つために、『SiS』なる組織を立ち上げる事を決意する。

 

 一方で、バフォメットによる大虐殺に遭遇しながらも生き延びた『クリスタルドール・ゼロ』と呼ばれる事になる存在が二人、この世に出現していた。向坂鑑と三島未来――この二人の『ゼロ』を巡り、人類は対立し、そしてまた福音の徒たちも行動を起こす。

 

 クリスタルドールとは何なのか。そして、朝倉による『イシュマエル計画』とは何なのか。
 二人のゼロに惹かれるように、それぞれの思惑が動き出す。

 

 賭けに勝つのは朝倉か、長谷岡か。生き延びるのは人類か、それとも『福音の徒』たちか――。

主な登場人物(50音順) Edit

    • 朝倉直義(アサクラタダヨシ)
      asakura_s.jpg
      SiSの設立者にして現リーダー。元はといえば単なるハッカー(ただし凄腕)。
      好奇心で侵入した軍事ネット『グラディウス・リング』にて「長谷岡竜璽」と遭遇。
      そこで人類の命運を占う賭けをする。
      右のこめかみに電子機器を接続する端子がある。後頭部にもあるがこちらは使ってない様子。
  • ウィリアム・ハワード
    ハワード・アームズ社の社長。
    論理層上でのアバターは「地球儀」。
    • 垣田香美(カキタカガミ)
      kakita_s.jpg
      狙撃のスペシャリスト。沈着冷静な正確。スナイパーライフル・フラガラッハを持つ。
      またその専門分野の都合上、一人での任務が多く、メンバーの殆どがその動向を知らない。
  • 片桐薫子(カタギリカオルコ)
    katagiri.jpg
    SiS幹部の一人。
    「ネットワーク界にこの人あり」と言われる実力者。
    電脳化を施していないにも関わらず、朝倉に匹敵するほどの実力を有する。
    表の顔では「西園寺響子」として、各種産業のトップに君臨している。
  • 吉備忠熙(キビタダヒロ)
    kibi.jpg
    SiS幹部の一人。
    近接戦闘のスペシャリスト。侍然とした風体。
    日下部綾子の剣術の師匠でもある。
    その刀を使わせると、近接戦闘では手が付けられない強さを誇る。
    脚部や背部の多くを機械化している。
  • 日下部綾子(クサカベアヤコ)
    kusakabe_s.jpg
    近接戦闘のスペシャリスト。長大な刀(佐々木小次郎が持っていたような……)を扱う。
    隠密任務を担当する事が多く、「忍者」に近い。
    サブ武装として太刀と小太刀、投げナイフなどを持っている。
    超絶美人。
  • 紅花(コウカ)
    紅花兵器公社(中国系企業)の女社長。中国人と言われているが不明。
    論理層上では、「チェスのクイーン」をアバターとしている。
    謎と野心多き実業家。
    • 向坂鑑(サキサカアキ)
      sakisaka_s.jpg
      sakisaka4s.jpg
      本作の主役。朝倉の「イシュマエル計画」に則ると「クリスタルドール・ゼロ」となる。
      2年前の大事件を契機に、全身機械化が施された。
      右腕に隠し武装として鉤爪を装備している。なお、この鉤爪は「ジャマダハル」や「シールド」という形態に変化させることが可能(E.S.R.技術)
      強化装甲を生身で倒してしまうほどの近接戦の実力者。
      その反面、論理戦闘にはあまり強くない。
  • 佐藤潜(サトウセン)
    爆弾のスペシャリスト。罠を仕掛ける事に関しては右に出る者がいない。
  • 斯波沙京(シバサキョウ)
    shiba.jpg
    フリーの傭兵。恐ろしく強い。過去に八木や三島と何かあったようだが……。
    なお、傭兵の世界では知らぬ者がいないほどの実力者。
    • 長谷岡龍姫(ハセオカタツキ)
      環地球軍事衛星群「グラディウス・リング」の理論を確立し、その設計に関わった博士。
      50年前に死去している。
  • 長谷岡竜璽(ハセオカリュウジ)
    朝倉と「グラディウス・リング」の論理層で出会った人物。
    朝倉と人類の命運を占う賭けをする。なお、論理層上では「黒い立方体」として顕現する。
  • 畑隆嗣(ハタタカツグ)
    八木の部下。全身機械化のサイボーグで、生身でミニガンを操る。
  • 比企長明(ヒキナガアキ)
    hiki3_small.jpg
    実行制圧部隊の隊長。物理戦闘も論理戦闘もこなせるオールラウンダー。
    向坂とペアを組む事が多い。
  • 北条公正(ホウジョウキミマサ)
    hojo.jpg
    武谷ケミカルに所属する兵士……だが。
    • 三島未来(ミシマミキ)
      mishima_s.jpg
      mishima2s.jpg
      本作の影の主役。向坂同様「クリスタルドール・ゼロ」と呼ばれる。
      また、3年前の事件によって「暴走する抑止力」という渾名がついた。
      その砲撃戦能力は常軌を逸しており、手が付けられないほど圧倒的。
      熱光学兵器のほとんどを無効化する装甲をまとっている上に、照準介入などの論理戦闘にも長けている。
      愛用の武器は12.7ミリの6砲身ガトリングガンと、両肩装備のグレネードランチャー。
      実は近接戦闘用モジュール・ジャマダハルも装備されている。とても強い。
      10年前のバフォメット事件によって、天涯孤独の身となった。
      八木可南子の直属の部下。過去に八木とは何かあった模様。
  • 三井信行(ミツイノブユキ)
    砲撃戦のスペシャリスト。比企の指揮下に入ることが多い。
  • 村木審也(ムラキシンヤ)
    八木の部下。戦闘甲冑ハイメを駆る。砲撃戦のスペシャリスト。
    • 八木可南子(ヤギカナコ)
      yagi2_small.jpg
      SiS幹部の一人。
      オールラウンダーな指揮官。
      全身に武器を仕込んであるが、普段は使わない。
      基本的には指揮官であるが、場合によっては戦闘甲冑ハイメにも搭乗する。
      三島とは十年前にとある一件で知り合う事となる。三島の上官であり、また、保護者でもある。
      経歴は謎に包まれているが、義体工学のスペシャリストである。
  • 由等明李(ユラアカリ)
    yura_s.jpg
    ポジション的には、片桐の部下。だが、当人達はあまり意識していない。
    論理戦闘、サポート任務を主にこなす。
    片桐の影に隠れてあまり目立たないが、由等もまたネットワークのスペシャリストである。

主な登場団体 Edit

  • 傭兵団
    • SiS(シス)
      「朝倉直義」をリーダーとする組織。
      物理戦闘能力、論理戦闘能力とも超一流所を揃えており、名実共に世界で最も厄介な傭兵団。
      自前で武器製造までしてしまう。ただ、構成メンバーは非常に少ないと言われている。
  • シャドウ
  • カナリア
  • アボリッシュ・ピース
  • 公的治安維持機関
    • CMA(中央機動強襲軍)
      現代日本で言う所の自衛隊。
      数・装備とも一級品。
    • RPD(機動警察治安軍)
      現代日本で言う所の警察。
  • 企業
    • 武谷(タケタニ)ケミカル
      <HHDT>ドームに本拠地を持つ日本の誇る武器製造企業。
      武器に関する世界三大企業の一つ。
  • 紅花(コウカ)兵器公社
    外資系(中国)の兵器会社。
    武器に関する世界三大企業の一つ。
  • ハワード・アームズ
    アメリカ・<ICCG>ドームに本社を持つ武器製造・輸出企業。
    武器に関する世界三大企業の一つ。
  • ノヴァプロテクター
    武谷ケミカルの子会社。警備から武器の生産まで何でもやる会社。
    向坂鑑の古巣。

メカニック Edit

  • 武器
    • フラガラッハ
      「垣田香美」専用のスナイパーライフル。
    • ブルトガング
      戦闘甲冑ハイメの装備品の一つ。速射榴弾砲。
    • レーヴァテイン
      戦闘甲冑ハイメの肩武装の一つ。プラズマライフル。
  • 強化装甲・戦闘甲冑
    • 戦闘甲冑ハイメ
      重装甲・重武装の砲撃戦仕様のパワードスーツ。全高3.2メートル。胸部装甲は300ミリの複合装甲。
      「ブルトガング」とセットで用いられる事が多いが、30ミリのチェインガン、20ミリ6砲身ガトリングなども装備する事がある。
      「三井信行」「八木可南子」「村木審也」の三人が専用機を持っている。
  • アバドン
    紅花兵器公社の有する万能型強化装甲。
    腕自体がハードポイントとなっており、サブマシンガンやブレードなど、多種の武装を選択可能。
    「イノシシ」と渾名されている。
  • ベリアル
    紅花兵器公社の有する指揮官用強化装甲。
    戦闘力は高くないが、重装甲。
    情報通信系、論理戦闘能力が高く設定されている。
    また「ハリネズミ」と渾名されている通り、装甲の随所に電流の流れる棘がある。
  • ガーゴイル
    紅花兵器公社の有する狙撃型強化装甲。
    ひたすら狙撃に特化した軽強化装甲。12.7ミリで簡単に抜かれる程の軽装甲だが、光学迷彩を完備している。
    また、機動力も高い。
  • 六六式強化装甲
    武谷ケミカルの子会社、ノヴァプロテクター社が製造。
    多くの企業、CMA、RPDでも採用されている戦闘用汎用型強化装甲。
    軽装甲であるがメンテナンス性、コストパフォーマンスが高く、人気がある。
  • 七五式強化装甲
    武谷ケミカルの子会社、ノヴァプロテクター社が製造。
    戦闘用重甲冑と呼ぶに相応しい強化装甲。
    ただ、非常に調達コストが高く、採用を見送っている企業も多い。
  • ネットワーク
    • グラディウス・リング
      『環地球軍事衛星群』と書いて「グラディウス・リング」と読む。
      が、「グラディウス・リング」という実体が存在しているわけではなく、軍事衛星及びそれに付随する機器類で構成される論理ネットワークを指して「グラディウス・リング」と呼んでいる。いわばバーチャルの概念である。なお、この論理ネットワークの概念を作り上げたのは「長谷岡龍姫(ハセオカタツキ)」という日本人である。グラディウス・リングは人類の持つ最強最大の論理構造体であり、人類の情報インフラの要である。

作者名 Edit

一式 鍵

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル 空想科学〔SF〕
キーワード R15 残酷な描写あり ハードボイルド 近未来 電脳世界 サイバーパンク 電脳 軍隊 傭兵 日本 ネットワーク アクション バトル

掲載時期 Edit

2016/1/17~4/30

リンク Edit

小説家になろう

当Wikiページのアクセス数 Edit

 本日:1 昨日:1 トータル:3211

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White