●しろくろ○

Thu, 17 Nov 2016 20:09:51 JST (126d)

あらすじ Edit

 かつて敵対していた天使と悪魔。彼らは100年間戦いを繰り広げた後、互いに干渉をしない事を取り決めた。それから1000年。魔王の娘シロは領土拡大を目的とした侵略のため、人間が暮らす境界へとやって来た。一方、神の弟クロもその風習に従い境界へと降り立つ。何の偶然か、ふたりは同じ家で暮らす事に。これは、天使と悪魔の小さな恋の物語である。

登場人物 Edit

主人公
シロ
 本名シエル・オ・エリシア。本作品の主人公のひとり。誕生日は4月6日。13才。魔王の娘=悪魔の王女。母親であるティアラは八年前、彼女が5才の頃に病死してしまい、それからは一層父である魔王に可愛がられて育つ。憧れの人物は母で、大人になったら彼女の様になりたいと思っている。真面目な性格。侍女のフェイスは彼女にとって母の様な存在でもあり、姉の様な存在でもある。クロと手が触れ合った時に(その前に見ていたテレビのインタビューの内容から)恋に落ちたと勘違いし、以後彼の事を好きになる。その後その感覚の正体が彼が持つ特有の電気だったという事を知るが、それとは関係無しにいつの間にか本気で彼に恋をしていた事に気付く。
 当初は侵略のために境界に来たのだが、ガレインとの一件を機に考えを改めた。

 

クロ
 本名クロノ・ヴォルトシュタイン。本作品のふたり目の主人公。誕生日は9月6日。12才→13才。神の弟=天使の皇子。少し大人ぶっていて年の割には冷めた性格。いつも気だるげ。裏表が無い性格で誰とでも対等に接そうとする。嫌な物は嫌とはっきり顔に出るタイプ。しかし時にはカッとなる事もあり、感情の振れ幅が非常に大きい。肉親は神である姉のベルたったひとり。彼女とはいつも喧嘩しているが、心の底では大切な存在として認識している。シロを三年前に死んだ妹、クレアと重ねて見てしまう。神の一族特有の発電能力を持つ。
 以前好きな人がいたらしいが、詳細は不明。

 

イヴ
 1000年前から生きている不老不死の悪魔の少女。年齢は13才ほどで止まっている。なぜ不老不死になったのかは現時点では不明。ツインテールと八重歯が特徴。一人称は「あたし」。普段は見た目に相応しい明るい姿ではしゃいでいるが、時折生きてきた年月相応の老婆の様な貫禄を見せる、二面性のある少女。実はエリシア王家の血筋で、シロと同じく守護の印を持つ。
 ちなみに、アルファベット表記では「Eve」ではなく「Ev」。この名前は彼女がシロ達と出会った後に自身で付けた物で本名は別にあるが、思い出せないでいる。

 

魔界
魔王族とその関係者
フェイス
 魔王に仕える少女。16歳。実は堕天使で、七年前に何者かに家族を殺され、彼女ひとりだけが天界と魔界とを直通で結ぶ次元の穴に堕とされた。その後魔王家に拾われ、忠誠を誓い生涯仕え続ける事を決意する。母を亡くしたシロを何かと気にかけ身近で世話をする。「殺したいほどに」恋をした事がある様だが、現時点では詳細は不明。
 フェイスというのは拾われた後に付けられた名前で、本名はソフィア・レドナー。一人称は「わたくし」で、とても丁寧な言葉遣いをする。上記の理由から天使を極端に憎んでいる。天界では両親の他、弟もいた。

 

魔王
 魔界の支配者。シロの父。名はアレクサンド・ル・エリシア。年齢は40代前半。ちょっとぽっちゃり気味。物腰が柔らかく、穏やかな性格。人の話にきちんと耳を傾ける。親馬鹿。シロの事が大好き。故人であるティアラとは見合い結婚した経緯がある。亡き父からはアレックスと呼ばれていた。

 

サバス
 魔王の側近で補佐役。彼が住むアインシュタット大魔城の最高職責者。城内のあらゆる実務を取り仕切っている。真面目な性格で冗談があまり通じない。シロの事になると暴走する魔王にブレーキをかけるいいお目付け役。

 

ティアラ
 シロの母で、魔王の妻、つまり魔王妃。八年前に病死している。シロの憧れの存在。彼女の出産後、育児に弱気になっていた魔王を力強く励ました。彼からはティアという愛称で呼ばれている。
 ちなみに「シエル」という名前はティアラが付けた物で、シロの当初の名前は「クロエ」だった。

 

シロの祖父
 魔王の父で、前魔王。シロと一緒にフラワー・ガーデンに行きたがっていたが、望み叶わぬまま他界してしまう。

 

その他の悪魔
ギルバート
 商人。出身は商人の町が多い国シュヴァルゼン。この国の人々は独特の訛り(関西弁の様な訛り)を持っていて、ギルバートもその例に漏れない。
 年齢は30代半ば。魔界中を行商して回り、あらゆる場所へ行き尽くしたためかねてからの夢であった異世界商売に踏み込むべく、シロが次元の扉を開けた時に同時多発した時空の歪み=自然発生した次元の扉に飛び込んで境界へとやって来た。
 境界では行商はせずに「居雑貨屋 香林の園(いざっかや かりんのその)」という店を構える。喫茶店+雑貨屋といった感じの商売形態で、店内の雰囲気は南国風。お洒落な音楽も流れている。シロとイヴからは「ギル」と呼ばれる。

 

ガレイン
 1000年前イヴ達によって本の中に封印された悪魔。年齢は20代後半ほど。自らが編み出した時間を巻き戻す魔術によってエネルギーを発生させ実体を取り戻し、境界を我が物にしようとした。しかしちょっと馬鹿。一人称は「俺様」。シロとイヴによって倒され、消滅した。

 

アゼル、ペル、ガイン
 シロが境界に行くために次元の扉を開いた際に同時多発した空間の歪みのひとつに巻き込まれた三人組。魔界に帰れなくなっていたが、海水浴場で彼女を偶然見付け、ギルバートの空間を歪める札のレプリカの力により魔界に戻って行った。年齢はアゼルが二十代後半から三十代前半といった様子で、ガインはそれより若い。三人の中でアゼルが兄貴分の様な立場となっている。

 

ギルディリス・ハイデガー
 かつて大魔城に兵士として仕えていた男。二十年前のルクリクス戦役ではサバスと共にその死線をかいくぐり、「鬼」と呼ばれて恐れられた。現在は退役しており、サルタージという地に住んでいるが、魔王のダイエットのため大魔城に呼び寄せられた。魔王やサバスは彼の事を「ギルド」と呼ぶ。

 

七聖獣
 魔王族に代々仕えている七匹の魔獣。高い魔力を持っている事から聖獣と呼ばれている。魔界の創世神話にも関わっている。また、言語を解す事も出来る。
ベルゼブブ
 蠅。オス。愛称はベルゼ。お菓子が好物で、暴食家。
アスモデウス
 兎。メス。愛称はアスモ。色欲が強い。幻を見せたり、他のものに化けたりする事が出来る。
ルシファー
 七聖獣の筆頭の孔雀。オス。愛称はルシフ。自信家で、アスモ曰く傲慢。盾(結界)を自由に作り出す事が出来る。その力を使う時に翼を広げるのが癖。
 シロはガレインとの戦闘の際補助道具として彼の結界を板の様に利用していた。
サタン
 猿。オス。怒りっぽい性格で、常に頭に血が上っている。同じく七聖獣のベルフェゴールとは仲が悪い。剛力の持ち主で、怒れば怒るほど力が強くなっていく。またそれと共に体も大きくなっていく。

 

天界
神とその関係者
ベル
 天界を統治する存在、神。クロの姉。23歳。趣味は飲酒と花札や麻雀といった遊戯(というか博打)。出会いを求めてしばしば合コンにも行ったり行かなかったり。
 普段は粗雑で乱暴な性格だが、神として振る舞う時には真逆の言動を行う。何があってもたったひとりの弟であるクロを守り抜くと心に決めている。それは単純に命を、という意味だけではなく、まだ幼いクロを利用しようとする大人達から、という意味でもある。クロの良き理解者であると共に後見人でもある。

 

クレア
 三年前にハイディルタス研究所の爆発事故に両親と共に巻き込まれて死んでしまったクロとベルの妹。享年8。シロとは顔も声も似ていないが、どことなく雰囲気が似ている。クロは爆発事故の日に彼女に対して嘘をついてしまい、その事が心に残っている。

 

エリー
 本名エリザベス。20歳。学生時代のベルの後輩。その縁で三年前からクロの住む離れの邸宅に住み込んで働き、彼の身の回りの世話をしていた。純粋な心を持ち、素直な性格。思っている事がすぐに表情に出るタイプ。クロの事を弟のように可愛がりながらも主として慕い彼に仕えている。

 

フィリィ
 本名フィリアンヌ。シロとクロと同い年で、クロの許嫁。しかし実際は祖父による政治利用のための婚約で、今となっては形だけの物。以前はクロの事を好きだったが、彼に他に好きな人がいる事を悟り、その人には絶対に敵わないと思ったため諦める。
 アイドルグループ「フェアリー・テイル」として芸能活動中。

 

ライオネス
 フィリィの兄で、ベルの幼馴染。クロからは親しみを込めて「リオ兄」と呼ばれている。天界の特別警務隊「イージス」に所属しており、働きぶりはなかなかいいらしく、上司から厚い期待を寄せられている模様。
 女性に節操が無く、知り合った女の子にひたすら声をかけてデートに誘ったりしている(ただしベルは除く)。その点にベルはあきれている様子。

 

その他の天使
ルルゥ
 1000年前、わずか8才の時に悪魔に殺されてしまった悲劇の皇子。百年戦争を終末へと加速させる原因となった人物。詳細は不明だが、イヴと深い関わりがあると思われる。彼女はシロとクロの様子を見て昔の自分とルルゥとにその姿を重ねた。

 

境界
聖道学園の生徒・職員
小早川薫
 聖道学園中等部に通う少年。クロのクラスメイト。眼鏡をかけていて地味な見た目。絵に描いたようなゲーム大好き少年。勉強は得意だがスポーツは苦手。
 初等部に通っていた頃は郷田と友達だったが、六年生の夏頃から彼が不良と付き合いを持つ様になったため、それをしだいに怖がるようになり、自然と彼から心理的に距離を置き始め、その事がきっかけで彼からいじめられる事に。最終的にクロの計らいで仲直りをする。
 シロやクロの正体を知っている。

 

郷田茜
 クロと薫のクラスメイト。薫をいじめていたがそれは彼に疎ましく思われているのに腹が立っていたため。クロの仲介で仲直りをする。絵に描いたような不良。ある日シロに一目惚れをし、以後彼女の事が気になる。

 

谷口
 郷田といつも一緒にいる男子のひとり。クロと薫のクラスメイト。比較的常識人のツッコミ担当。

 

内藤
 谷口と同じく郷田といつも一緒にいる男子生徒。クロと薫のクラスメイト。郷田を完全に崇拝しているバカ。

 

佐倉陽菜
 シロのクラスメイト。アニメオタクで、大きな瞳が特徴。背は低め(シロより少し高いほど)。結とは初等部からの長い付き合い。ガレインの一件の際にシロ達の素性を知る。

 

紫宮結
 陽菜と同じくシロのクラスメイト。陸上部に所属するスポーツ少女。陽菜と同じく、ガレインの一件の際にシロ達の素性を知る。

 

早見凛琥(リンク)
 クロや薫のクラスメイトで学級委員。実は堕天使の末裔で、邪眼という特殊能力を持ち、目が合った人物を自分の思い通りに操ったり、幻を見せたりする事が出来る。自分の一族を堕天させた神の子孫であるクロに細やかな復讐を果たすためにシロをさらい、文化祭の日に鬼ごっこで勝負する。結果的に彼の復讐は失敗するが、クロの謝罪を受けてそんな事などどうでもよくなる。文化祭後は病気の母の転院のため聖道学園から転校していく。栞音(カノン)という四才下の妹がいる。
 ズメイ
  早見の精神の中で飼われている翼竜の幻獣。実体は持たず、周辺の人々の精神に直接干渉させる事でその姿を現す事が出来る。

 

有栖川
 イギリス育ちの男子。端整な顔立ちで少し変わった性格だが、憎めない。女子にモテる。

 

聖道学園理事長
 シロとクロが通う聖道学園の理事長で、堕天使。何事かを企んでいる様子。

 

万里愛(マリア)
 聖道学園職員の女性。

 

その他の人間
叶涼太
 シロとクロの部屋の隣、ロイヤルハイム浅川102号室に住んでいる男子大学生。19歳の二年生。同じ学校に通う木下という女子が気になっている様子。ギャルゲーオタク。
 年下のくせに生意気なクロにあれこれ文句を言うが、何だかんだで相性はいい。

 

守田幸信
 36歳。映画監督。七年前に妻を亡くし、更に娘のミカまで亡くしてしまい、そこをガレインに付け込まれる。騒動後はイヴの計らいでミカの死を受け入れた。
 第57 五十七話の彼の台詞は、ひとりの大人としての作者の言葉でもあるとの事。

 

ハロウィン仮面
 ハロウィンの日に駅前の商店街でシロとクロが出会った謎の人物。茶色の全身タイツを身に付け顔には視野を確保するために目の位置に穴を開けた靴下を着用している。クロ曰く変態。
 実は作者の前作「6分間ヒーロー」の主人公ハロウィン仮面がそのままモデルになっており、クロス・オーバーとして特別の登場(なので彼が登場するエピソードはナンバリングの無い番外編として位置付けられている。しかし時系列は本編の中に組み込まれている)。作者曰く「このハロウィン仮面は田中正義(「6分間ヒーロー」の主人公、ハロウィン仮面の正体)ではない」との事。

 

クリスマスク
 クリスマス前にシロとクロが繁華街で出会った不審人物。見た目はハロウィン仮面そっくりだが、タイツの色が違ったりする。本人はハロウィン仮面ではないと言っているが、真偽のほどは不明。
 ハロウィン仮面と同じく、モデルは「6分間ヒーロー」に出てくるクリスマスク。

 

その他の人物
1000年前の「彼」と「彼女」
 プロローグに登場。詳細は不明。

用語 Edit

悪魔
 魔界に住む種族。黒い翼を持っており、必要な時に背中にある小さな穴から広げて使用する。

 

天使
 天界に住む種族。背中に白い翼を持っており、悪魔と同じく普段は仕舞っている。

 

魔界
 悪魔が暮らしている世界。

 

天界
 天使が暮らしている世界。

 

境界
 人間が暮らしている世界。天界と魔界の間に位置する事から天使と悪魔からこう呼ばれている。

 

魔術
 悪魔が使用する不思議な能力。使用するには魔力を必要とする。

 

守護の印
 代々魔王家の者の肌に現れる紋章。遺伝子レベルでかけられた魔術と言われており、初代魔王が己の血筋の印としてかけたという伝承があるが、イヴはそれが真実かどうか疑っている様子。

 

魔獣
 魔力を持った獣。魔術を使う事が出来る。

 

次元の扉
 空間の歪み。魔界では突発的に表れる自然現象。周囲のものを吸い込む力を持つ。魔界では複数の場所で同時多発するが、その原因は空間の質量のバランスを保つために魔界自体がそれを行っていると言われており、それは人工的に歪めても同じである。またこれとは別に天界とを繋ぐ物が常に存在しており、こちらは両界で厳密に管理されている。天界には現在それのみがあり、魔界の様に突発的に生じたりはしないが、以前は境界と繋がる物が存在していた。次元の歪み(ゆがみ、ひずみ)など他の呼び方もいくつか存在する。

 

三種の神器
 神の一族に受け継がれる武具。クロは特殊なブレスレットにカードを通す事によって神宮殿の宝殿にある神器を境界に転送する。
 最強の矛・神薙
  長槍。先端に刃も付いており、斬り付ける事も可能。
 最強の盾・神居
  絶対防御の空間を作り出す刀。斬られたものは周囲の空間から斬り離され一切の干渉を受けなくなる。

 

天下り
 神の一族の間に続いている風習。13才になる年から六年間、境界で治安維持を行う。

 

イージス
 テロ事件や重大犯罪、災害時などに活躍する神直結の機関。本部は神宮殿から程近い場所にある。ライオネスが所属している。

 

フェアリー・テイル
 天界で大人気の二人組のアイドルグループ。「気持ちが伝わる5秒前」が大ヒット。メンバーのひとり、フィリィことフィリアンヌはクロの許嫁。

 

百年戦争
 魔界に迷い込んだ天使を悪魔が傷付けた事から、1100年前に始まった天使と悪魔の戦い。互いの人員の消耗から100年の後に不干渉を取り決めて終息した(当時の神が死んだ、というのも天使側の大きな理由ではあるが、その事を悪魔は知らない)。

 

アインシュタット
 魔界の中心都市。魔王一族が住んでいるアインシュタット大魔城がある。
 バレット
  大魔城下町の隣町。

 

シュヴァルゼン
 ギルバートの出身国。商人が多い国で、言語には関西弁の様な独特の訛りがある。

 

ベルノーク半島
 東部には王家が管理する鉱山があり、かつてはそこから採掘された金が魔界中に流通していたが、三十三年ほど前に閉山し、そのまま放置されてしまっていた。

 

神宮殿
 神の一族が暮らす邸宅。神の住まいである神宮、政治や儀式を行う神殿などがある。クロは三年前から広大な同敷地内の離れの邸宅に住んでいる。

 

ハイディルタス研究所
 天界の研究所。国家機密級の研究がされていたが、三年前に爆発事故が起こった。その際にクロ、ベルの両親と妹クレアが巻き込まれて死亡する。ベルは何が研究されていたのかを知っている様子。

 

ロイヤルハイム浅川
 シロとクロ、涼太が住んでいる十階建てのマンション。シロとクロが住んでいる101号室は元々大家夫妻が住んでいたため他の部屋とは扱いが異なっており、ルーム・シェアも可能となっている。サバスの手違い(実際は下級家臣のミス)でシロはルーム・シェア契約と知らずに住み始める。ちなみに涼太は隣室の102号に住んでいる。

 

聖道学園
 シロとクロが中等部に編入した私立学校。名の知れた学園で、幼稚園から大学までを擁しており、一度この学校に入学すればよほどの事がない限りストレートに大学卒業の学歴を得る事が出来る。

作者名 Edit

神橋つむぎ

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル ラブコメディー
キーワード 恋愛 ファンタジー コメディー ライト エンターテイメント 現代(モダン) 魔界 天界 少女 少年 天使 悪魔

この作品のここがオススメ! Edit

 「小説家になろう」内では便宜上ジャンルをファンタジーとしていますが、本作品はラブコメディーです。シロとクロののほほんとした日常を中心に描いています(のつもりです)が、一方で物語として成立させるために天使と悪魔という敵対関係もふたりの背後には潜んでいます。恋に心を弾ませたり、憂いだりするシロの心情を出来るだけ等身大の女の子として描くつもりですので、その辺りを温かく見守って頂けると幸いです。

リンク Edit

小説家になろうの作品ページ

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White