賢者の転生実験

Wed, 07 Sep 2016 12:38:04 JST (197d)
+  作者により削除

2mvn47fmagp3ajbxjtld5a75s9f_ct_dw_jm_7aaw.jpg
第一巻 10月26日発売

書籍 Edit

あらすじ Edit

「貴方の世界の科学技術は素晴らしい。実験中の究極魔法で僕の子供として転生しないかい?」
死んでしまった貴方は現代知識を買われて異世界の大賢者の子供として転生することを求められています。
転生しますか? YES←  NO

 

賢者の転生実験によって双子の赤ん坊の兄に転生した主人公。
主人公は現代知識と賢者の魔法技術を融合させ、衛星軌道上から一方的に攻撃できる衛星次元魔法を完成させるが、それは世界のパワーバランスを崩しかねない究極の魔法攻撃システムだった。
その力を秘匿するために暗い地下室に助けた黒猫の獣人と引きこもる。

それから10年後、可愛い双子の妹が戻って来る。
「お兄ちゃん学校行こ」
主人公は黒猫を連れて妹と学校へ通う。

 

主人公は魔導学院に通うことで社会復帰を目指す。
しかし家族の代わりに10年一緒にいてくれた黒猫型獣人のルナは差別で学校に通えない。
それを解決するために猫とルナの魂入れ替えるアーティファクトを作ろうとする。
異世界の超古代文明の遺跡に眠るレア素材でアーティファクトを作り、ルナと一緒に学校に通えるようにするために遺跡都市に向かう。

主な登場人物 Edit

 

【コートネイ家】
ルドルフの家名。当主は代々魔法で名を馳せている。
魔法に没頭するあまり世間とあわなくなり隠者のようになってしまった人物も多いらしい。
ルドルフの父は魔法で災害を防ごうとして命を落とした。

 

レオ:主人公。レオ=コートネイ。日本からの転生者で生後七ヶ月で高名な魔法使いが五分も詠唱して唱える爆炎魔法を使えるほどの魔法の才能がある。日本の知識はあっても生活の記憶はあまりない。
ミラを失った怒りで異常な魔法処理能力に覚醒して衛星次元魔法システムを起動させ、『裁きの日』といわれる帝国軍3万を消滅させる事件をつくる。常識はない。現在はレオ=ライオネットを名乗っている。ライオネットは金で買った地方貴族の偽名。

 

ルドルフ:世間から大賢者と呼ばれていた主人公の父親。ルドルフ=コートネイ。転生の究極魔法で主人公を異世界に転生させた。アーティファクトの製作者(アルケミスト)としても有名でその際に使われる偽名はゴールデン。ゴールデンシリーズはアーティファクトのブランドとなっている。やはり常識はない。

 

マリー:主人公の双子の女の子。マリー=コートネイ。姉か妹かはわからない。猫語を話せる。レオとは非常に仲の良い兄妹だったが『裁きの日』以来、生き別れになる。10年後、クリスティーナの協力でレオと再開。引き篭もりをやめさせる。現在はマリー=ヴァルテンブルクを名乗っている。

 

クリスティーナ:主人公の母親。クリスティーナ=コートネイ。元ベルン王国の王室ヴァルテンブルク家の王女。王宮を追われたルドルフを追って駆け落ち同然で結婚した。『裁きの日』以来、自分の子どもを転生実験に使ったルドルフを信じられなくなり実家に戻った。現在はクリスティーナ=ヴァルテンブルクを名乗っている。

 

【猫型獣人】
ルナ:黒猫型の獣人。猫型獣人は5~6歳の見える子どもばかりだがルナは8歳ぐらいに見える。『裁きの日』以来、レオとルドルフに付き添って10年間、二人を支えた。

 

ミラ:猫型獣人の村の長老。おばば様と呼ばれることが多い。100歳ぐらいだが見た目は20代なかばのグラマラスな女性。レオよりは劣るがかなりの魔力を持つ。人物に対して読心と未来視が発動することがあるという。

 

その他
ヴァスコ:ある意味コートネイ一家を支えている大商人。ルドルフのアーティファクトを実用化したり売ったりして儲けている。利益はキチンと還元してくれる。
アーク:ヴァスコの部下。子どもの時からヴァスコの下で働いている。
ベルナー:ベルナー=ゴラモンド。いい加減で豪快な男。イギリア帝国の末席皇子。
イザベラ:ベルナーの御付き。

【イギリア帝国(書籍版イグロス帝国】
ソシン:外交官出身の大臣。武官ではなかったが戦争に謀略を持ち込み反乱軍を瓦解させた。
カイン:ソフィア反乱軍の将軍であったがソシンに説得によって裏切った。

【ソフィア反乱軍】
ソフィア:イギリア帝国に反旗を翻した反乱軍のリーダー。イギリアに亡ぼされたローレア国の元王女。
反乱軍が負けた後はヴァスコに匿われ、現在はオルレアン魔導学院の教師をしている。

【バッカド国の首都オルレアン】
ウェステ:オルレアンのスラムに住む女の子

国家・地域 Edit

 

フランシス王国 書籍版ランドル王国:周辺国を従える強国。二大強国の一つ。

 

ベルン王国:魔法特化の弱小国。王室はヴァルテンブルク家。フランシス王国に従属。

 

イギリア帝国 書籍版イグロス帝国:帝政の覇権国家。古代の帝国マドニアの制度を色濃く受け継いでいて亜人を軽視している。二大強国の一つ。

 

バッカド国:世界宗教アリスト教の法皇がいる。面積的には小さいが宗教の力を背景に二大強国の緩衝地帯や国際政治の舞台となることが多い。

 

グマン村:イギリア帝国の辺境。近くに獣人の森があることからイギリア帝国最後の秘境と揶揄されることがある。

 

オルレアン:バッカド国の首都。オルレアン魔導学院がある。

 

アングレ村:オルレアンにほど近い田舎の村。その郊外にレオ・ルナ・ルドルフが移り住んだ。

 

ヘラクレイオン:地下に古代マドニア帝国の遺跡『鈍色の都市ミルトン』が眠る街。かつては漁港だった。

 

ローレア国(亡国):イギリア帝国に亡ぼされた国。その際、王族は幼いソフィアを残し殺されている。元軍人を中心に遺民が蜂起したが敗れ去った。

設定 Edit

貴方は死にました。賢者の転生実験を受け入れて転生しますか?
異世界は統一言語、統一通貨、統一単位、統一宗教である。これは古代に世界中を収めたマドニア帝国がそれを進めたから。
通貨はダラル。一ダラル=100円。

 

オルレアン魔導学院:バッカド国が誇る唯一の国営の魔法教育機関で世界中の有能な魔法士を集めている。大学部と高等部がある。

 

遺跡都市:通称、迷宮(ダンジョン)都市。突如滅んだ古代マドニア帝国の遺跡は貴重なアイテムや素材が発掘される。そのためアイテムや素材を求めて多くの人が集まり、街が形成されている場所がある。鈍色(にびいろ)の都市ミルトンなどが有名。

作者名 Edit

東国不動

ジャンル・キーワード Edit

ジャンル ファンタジー
キーワード 賢者 転生 主人公超絶最強 双子の妹(姉) 学園 現代知識 ウェポン・マジック アーティファクト

この作品のここがオススメ! Edit

大賢者の転生魔法によって超絶最強になった主人公の物語
双子の妹(姉?)と黒猫と学校に通うお話

リンク Edit

小説家になろうの該当作品に飛ぶ

作品へのコメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White